• ホーム
  • 予算があるなら輸入住宅を購入するのもあり?

予算があるなら輸入住宅を購入するのもあり?

住宅には構造上の区別として木造と鉄骨などが、価格的な区別として注文住宅やローコスト住宅、建売などがあります。住宅の外観も和風だけでなく洋風のものも増えており、こだわりの家づくりができますが、より自分の好みにあった洋風のものを作りたい場合は輸入住宅を検討します。

輸入住宅は、海外から資材や住宅に関する設備を輸入して、実際に施工するのは国内というやり方をしている住宅のことを指しています。輸入住宅でなくても、一般の住宅においても資材が海外製のことはありますが、輸入住宅の場合はさらに海外の設計をもとに作られるという点に違いがあり、多くの場合、北欧住宅をイメージすることが多いです。種類としてはヨーロッパの街並みをイメージした北欧や南欧スタイル、洗練された北米スタイルやアメリカンスタイルとなっています。

輸入住宅の場合、外観に特徴がありデザイン性に優れていますが、内装で使用されている素材も大変優秀であり、日本では見かけないデザインのものが多数使われます。特に海外の人はホームパーティを行う習慣があるので、間取りを工夫することが多いですし、照明もシャンデリアなどを使用する、洗面台もデザイン性に優れたものを使用するなど、こだわりを持つことが多いです。北欧の場合は日本人の感覚に似ている部分もあるので、飽きが来ることも少なく、いつまでも住み続けることができる良さがあります。

また機能面においても優秀であり、断熱性や気密性に大変優れています。これは北欧が寒い場所であり、もともと断熱性や気密性に優れている素材を利用していること、外断熱であるので、断熱材に厚みがあることなどが関係しています。この断熱性や気密性によって、季節を問わず快適に過ごせる、結露が起こりにくいといったメリットを得ることができます。また、日本の建築と異なり柱は面と面が触れ合って支えあっているので、耐震性も強い特徴があり、ガラスはペアガラスと呼ばれる2枚以上のガラスを使用している窓を採用しているので、不審者などの窓からの侵入をある程度防ぐことも可能です。

デザイン性だけでなく断熱性や気密性、耐震性や防犯などに優れている輸入住宅ですが、一般的な住宅に比べるとコストは高いことが多いです。内装にこだわりを持つとさらにコストは高くなってしまいますが、輸入住宅の場合は、しっかりと話し合いながら作り上げていくので、より自分の家という意識が高まります。