• ホーム
  • 二世帯住宅で大切なのはお互いのプライベートを守ること!

二世帯住宅で大切なのはお互いのプライベートを守ること!

以前は親世帯と一つの家に同居をすることが多かったのですが、親の家自体が狭くなってきていること、お互いのプライバシーをある程度確保したいことなどから二世帯住宅を建てる家庭が多くなってきています。二世帯住宅は完全に同居するタイプと部分的に共用するタイプ、完全に分離するタイプの3つに分類されます。完全同居タイプは一つの家に二世帯で同居するものであり、玄関が一緒なのはもちろんのこと、キッチンも一緒になっていることが多いです。このような完全同居タイプでは、建築費用を安く抑えることができる、将来一世帯になった時に対応できるなどのメリットがありますが、生活音はすべて聞こえてしまいプライバシーが確保しにくく、しかも水道光熱費などがどちらの世帯にいくらかかっているのかを把握しにくいため、生活費のやりくりが大変になります。

部分的に共用するタイプは、玄関は一緒だが1階は親世帯で2階は子世帯といったように、居住空間が独立しているものを指しています。部分的とはいえ、キッチンやお風呂、トイレといったものも別々のことが多く、生活音をある程度防いだり、お風呂など視線が気になったりすることはありません。建築費が抑えられるほか、親の生活も気にすることができるのがメリットとなりますが、水道光熱費に関しては一緒にカウントされていることがあるので、注意しなくてはなりません。

完全分離は玄関を2か所に設置して、中の設備も世帯ごとにすべてわかれています。生活動線が別々になるので、プライバシーは完全に確保され、上下でなく左右に世帯を分離した場合、より生活音が気になることもありませんし、視線も感じにくくなります。もちろん水道光熱費も別々になることが多いです。ただし、2つの家を1つの建物に合わせた形になるので、ほかの二世帯住宅よりも建築費用がかかることがあります。

どのようなタイプの二世帯住宅にするかはそれぞれの家でしっかりと話し合いをしなくてはなりませんが、大切なのは共有スペースをある程度設けつつも、プライベートはしっかりと守ることです。家の中に共有スペースを設けなくても、庭が一緒であるだけでも一体感は生まれますし、交流することもできます。近年では親世帯においても、プライバシーが保たれるほうが良いと考えている人が多くなっており、双方にとってプライベートを保った空間づくりは大切になっています。ストレスなく日々の生活を送るには、視線や生活音が気にならない、または気にしなくても良い空間を作ることが大切であるので、二世帯住宅を造る際には部屋の配置や共有スペースをどのように設けるかなどを、話し合うことが大切です。