• ホーム
  • 坪単価が安いレオハウスの評判や口コミ!

坪単価が安いレオハウスの評判や口コミ!

おしゃれなリビングルーム

ハウスメーカーの中でも坪単価が安く、内装などにこだわりがなければローコストで購入することができるのがレオハウスです。レオハウスは同じハウスメーカーのタマホームとの業務提携によってスタートしています。レオハウスの特徴は住宅の坪単価を下げて良い商品を安く提供する点にあり、ローコスト住宅を専門に取り扱っている会社です。

ですがローコスト住宅とはいえ、しっかりとZEHにも配慮しています。ZEHはゼロエネルギーハウスの略称であり、家庭で使用するエネルギーよりも住宅で作り出すエネルギーの方が多い、自給自足ができる住宅です。近年では大変環境への配慮が注目されており、できるだけエネルギーを自給できる家を建てたいと考えている人も増えています。日本においても2020年までにはZEHを標準的な住宅にしていくことを目標にしており、各ハウスメーカーでも展開をし始めました。

レオハウスにおいてもZEHとして断熱や気密性に優れている木造構造の躯体と高断熱サッシを利用して高断熱化になっています。さらに太陽光パネルなどの省エネ、そして使った分のエネルギーを新たに生み出して結果エネルギーの収支がゼロになるように創エネも行っています。通常このようなシステムは高額になることがあるのですが、レオハウスで建てた場合においては国の補助金が出るため、さらにローコストで理想とする住宅を建てることができます。

レオハウスの場合、オプションで設備を追加したり、ある程度の設備を整えたりすると坪単価は高額になりますが、一般的なハウスメーカーと比較して高くなることはなく、むしろ設備を整えても安く済むことが多いです。口コミの評判も高く、自由に設計できるので、ペットと一緒に住む住宅をつくることができた、空間を利用して効率よく収納ができた、などの口コミがあります。さらにオプションとなるものの、工法や制震装置を選ぶことができ、より安全な暮らしの確保をすることもできます。

近年では自然災害が大変多く、どの地域においても起きやすくなっていますが、レオハウスはローコストながら自然災害に強い住宅となっています。これは木造住宅ではあるものの、6面体構造と呼ばれる木造軸組と耐力面材、そして構造用金物を利用した構造となっているのが理由です。6面体構造によってねじれや曲りに強い特徴があります。自由設計ながら費用が抑えられ、オプションをつけることでより安全で環境にも優しい住宅をつくることができるのが、レオハウスの最大の特徴となります。