• ホーム
  • 木造建築で家を建てるメリットはコストの低さ!

木造建築で家を建てるメリットはコストの低さ!

木は近年見直されてきている材料で、木の温かみのある空間が欲しいと感じ、木造建築で家を建てる人、または鉄骨造りでも内装に木を使用する人などが増えてきています。木造建築による住宅には、ツーバイフォーや軸組工法、重量木骨造など様々な種類があり、共通しているのは、柱や梁といった大切な部分の構造材が木製であることです。近年では木と木の間に不燃材や金属部品を組みあわせているものもありますが、このような住宅も木造建築物になります。平成30年の調査では日本の一戸建て住宅において、約9割を占めていました。

木造建築のメリットは、鉄骨よりも低コストであること、落ち着きのある空間を作ることができることがまずあげられます。人の手で組み立てていくので、人件費がかかるのではないかと感じますが、鉄骨などは組み立てる前に構築材に防錆処理や耐火処理をしなくてはならず、その分のコストがかかります。木の場合は木材の種類や厚さによって耐火効果を発揮することができることが多いので、鉄骨に比べると下処理が簡単に済むことが多いです。

さらに木には調湿効果があります。新築の場合、住み始めたばかりのころは空気が乾燥しているように感じますが、これは木が湿気を吸い取っている証拠であり、しばらくすると程よい湿度になるのがわかります。部屋の空気が乾燥している時には、木の中に蓄えていた水分を空気中に吐き出して乾燥を防ぎ、湿気が多い場合は、木材が吸い込んで湿気を適度に緩和させていきます。そのためカビや結露の発生が少なくなるメリットがあります。結露やカビが発生している場合は、木の部分ではなくプラスチックの部分に起きている可能性があり、フローリングなどにはついていないことがわかります。また、吸湿性があるためカーペットや壁紙も必要なく、木のぬくもりを十分に感じることも可能です。

木造建築の場合、空間が狭くなるのではないかと感じますが、工法によっては空間を広くすることができ、部屋の配置など自由度も広がります。最大のメリットは低コストなことであり、同じ間取りであっても施工費用を安くすることができます。また自然の力を上手に利用することで、体に起こる影響を少なくする建築物になります。さらに、ある程度の築年数が経った場合、手入れは必要になるものの、鉄骨よりも簡単に手入れできることが多いです。地震に強い構造のものも多数あり、安全面も確保されています。